幅広い分野で活躍する篩機|突然のアクシデントに使えるAED|販売会社をチェックして購入を

突然のアクシデントに使えるAED|販売会社をチェックして購入を

作業員

幅広い分野で活躍する篩機

工事

粒をそろえ異物を選別

洋菓子作りの際に欠かせないのが、小麦粉をふるいにかけて粒子の大きさをそろえるというプロセスです。これは仕上がりを良くするために行うものですが、このふるいは家庭料理にとどまらず建設・土木・化学・製造などさまざまな産業においても重要な作業工程の1つとなっています。こうした産業用のふるい機は振動篩機と呼ばれ、自ら振動することで短時間に大量の物をふるい分けられるとして人気を集めています。振動篩機には小型のものから大型のものまでさまざまな種類があります。比較的小型のものは冒頭に小麦粉の例を挙げたことでも分かる通り、主に食品工場などで使われています。その他、塗料に入れる顔料や窯業に用いる粘土などをふるい分ける際にも使用されています。

ゴミの再資源化に不可欠

一方、大型の振動篩機は主に建設現場や解体現場などで利用されています。建設現場などで出されるゴミには、木材・プラスチック・コンクリートくずなど複数の種類の廃材が混ざっています。以前はこうしたゴミを混合廃棄物としてそのまま処分することができたのですが、現在はリサイクル可能なものは分別して再資源化しなかればならないため、取扱いには注意が必要となります。ここで活躍するのが振動篩機です。廃棄物をふるい分けることで種類別に分別し、後の再資源化作業を楽にします。また、同様に建設残土をふるい分けることで砂・砂利・礫などに分別し、それぞれ再利用できるようにします。こうした振動篩機の中には、現場での作業をスムーズに行えるよう自走式になっているものもあります。